トッピングまでが特徴


本場の博多ラーメンをお店で食べる際、その卓上に用意されているトッピングの種類にも、驚くかたは多いのではないでしょうか。ラーメンとはひと椀で完成されている品物に感じますが、博多ラーメンは卓上のトッピングも含めて博多ラーメンとされています。

トッピング濃厚な豚骨スープと、極細麺の特徴が十分に美味しさを引き立ててくれますので、あらかじめ麺の上に乗っているトッピングは少なめです。チャーシューとネギは乗っているケースが多く見受けられますが、初めてみると非常にシンプルな見た目をしていると感じられるでしょう。お店の方針によっても違いが見受けられますが、麺が見えないほどのトッピングを施しているお店はごくわずかです。

食べ進めていくうちに自身の好みに合わせて、卓上のトッピングを追加投入し、味を変えながら楽しめる点が博多ラーメンの特徴と言えますので、替え玉を注文する際にはトッピングも変えて召し上がってみてください。特に紅ショウガをラーメンのトッピングに用いたのは博多ラーメンが初だと言われていますので、初めて食べるかたでも試してみるだけの価値はあると思います。トッピングを含め新触感を味わいながら、博多ラーメンの特徴を存分に楽しんでください。